技術情報・活動報告

JSCAの委員会・部会からの技術情報を掲載しています。本会会員限定の技術情報・活動報告については、会員ページに掲載しています。会員ページにログインしてご利用ください。
出前授業 第2回
JSCA事務局
2017/05/10

====================
  活動の報告 
  中学校にて建築構造に関する授業を開催
 ====================
■千葉県の中学校にて「出前授業」
2016年10月14日、千葉県白井市立桜台中学校にて毎年行われている 特別授業に昨年に続いて今年も参加し、建築構造に関する出前授業を行いました。
この特別授業は、同中学校のPTA、OBなどが講師となり、自身の仕事などを同校の生徒である中学生に向けて30分程度、講演するものです。
JSCAはこの講師の一員として同校にお招き頂き、建築構造の世界を体感していただきました。


■スカイツリーを題材に
授業の内容はパワーポイントによるスライドと簡単な模型を使ったものです(写真1)。
まずは誰もが知るスカイツリーを題材とし、そこで用いられている構造的な特徴、工夫をわかり易い言葉で説明しました。
また、それらの特徴のうち、スカイツリー中心にある心柱が風などによる揺れを抑える効果があることや(写真2・動画1)、四角形に斜めの材を追加して三角形に分割すると建物の揺れが減り、これがスカイツリーの外観の白い骨組みに用いられていること(写真3)、などを簡単な模型により体感して頂きました。
斜材なしで揺らすとグニャグニャだった「ストローツリー」に、自分の手で斜材を付けてもらったあと、もう一度揺らしたとき、まったく三角形がくずれないのを見た生徒さんからは「おお〜」と楽しい声が上がりました。
これらを踏まえ、建物は地震や風の揺れに耐えなければいけないこと、それが私たち構造設計者の仕事であることなどを紹介しました。
授業後のアンケートでは「スカイツリーを見に行きたくなった」「構造設計という仕事に就いて、たくさん学び力のデザインをしてみたい」とのコメントをくださった生徒さんもいました。

■「貴校」への出前授業も
本授業は同校にて今秋も開催の予定となっております。
また同様の内容で中学校、高校などへの出前授業も承っております
ご希望の場合は事務局までご連絡ください。



(写真1)授業風景
 
(写真2)心柱によるTMDの効果を簡易模型で体感
 
(写真3)トラスをストローで体感




出前授業
システム担当
2017/01/27

====================
  活動の報告 
  中学校にて建築構造に関する授業を開催
 ====================
■千葉県の中学校にて「出前授業」
JSCAは去る2015年10月17日、千葉県白井市立桜台中学校にて毎年行われている 特別授業に参加し、建築構造に関する授業を行いました。
この特別授業は、同中学校のPTA、OBなどが講師となり、自身の仕事などを同校の生徒である中学生に向けて30分程度、講演するものです。
JSCAはこの講師の一員として同校にお招き頂き、建築構造の世界を体感していただきました。

■スカイツリーを題材に
授業の内容はパワーポイントによるスライドと簡単な模型を使ったものです(写真1)
まずは誰もが知るスカイツリーを題材とし、そこで用いられている構造的な特徴、工夫をわかり易い言葉で説明しました。
また、それらの特徴のうち、スカイツリー中心にある心柱が風などによる揺れを抑える効果があることや(写真2)、四角形に斜めの材を追加して三角形に分割すると建物の揺れが減り、これがスカイツリーの外観の白い骨組みに用いられていること(写真3)、などを簡単な模型により体感して頂きました。
これらを踏まえ、建物は地震や風の揺れに耐えなければいけないこと、それが私たち構造設計者の仕事であることなどを紹介しました。
授業後の質疑応答では「構造設計の仕事をするにはどのような進路を取ればいいのですか」との質問をされた生徒さんもいました。

■「貴校」への出前授業も
本授業は同校にて今秋も開催の予定となっております。
また同様の内容で中学校、高校などへの出前授業も承っております
ご希望の場合は事務局までご連絡ください。



(写真1)授業風景
(写真2)心柱によるTMDの効果を簡易模型で体感」
(写真3)トラスをストローで体感





パンフレット解説編(目次)
JSCA事務局
2014/05/12

公開ホームページでは目次のみを掲載しております。詳細は会員ページ(会員限定)に掲載(*1)しています。

JSCA 構造パンフレット「安心できる建物をつくるために」は「構造設計者とクライアントの対話」のためのツールとして作成されたもので、JSCA 内外で好評を博しておりますが、さらなる活用促進のため解説版を作成することとなりました。パンフレットと合わせてクライアントとの対話に活用いただき、構造設計者の認知度を高めていただきますよう、お願いいたします。

======================
   (*1) 資料は会員ページ/技術情報/報告書・成果物 の中に掲載されています。)
解説編 目次

1.耐震設計の考え方
  1-1 地震動
  1-2 マグニチュードと震度
  1-3 気象庁の震度(計測震度)とは
  1-4 設計用地震力と震度
  1-5 地震動と建物被害
  1-6 建物の応答(増幅特性)
  1-7 安全・安心のための指標
  1-8 耐津波設計
  1-9 耐震設計に係わる基準の変遷

2.構造設計者の役割
  2-1 意匠・構造・設備設計者の設計における役割
  2-2 構造設計者の免許・資格
  2-3 構造計算プログラムについて
  2-4 工事管理での構造設計者の役割
  2-5 構造設計一級建築士とJSCA建築構造士の違い
  2-6 構造設計はだれがやっても同じ結果になるのか

3.建物の構造とは 
  3-1 構造種別
  3-2 免震構造の特徴
  3-3 制振構造の特徴
  3-4 地盤調査とその費用
  3-5 地盤の液状化現象と対策
  3-6 非構造部材
  3-7 天井落下防止
  3-8 家具什器の転倒

4.耐震性能グレード
  4-1 大地震後の建物の状態
  4-2 耐震性能グレードの判定値
  4-3 第三者による性能評価
  4-4 地震時の被害損失額からの評価 PML
  4-5 性能グレードとコスト
  4-6 その他の構造性能


JSCA版木質工事標準仕様書(2011年版)
JSCA事務局
2011/07/27

JSCA版木質工事標準仕様書について 

はじめに 
 JSCA木質系部会では、「木質工事標準仕様書(JSCA版)」を平成16年8月に作成しました。本仕様書は、「木造建築構造の設計」出版(平成16年8月)に合わせて作成したものであり、その中の第8章に示すように木質工事の品質管理に関わる標準的な仕様書を、木質系部会品質管理WGで実務設計に活用できるようにまとめたものであります。同時に、JSCAのホームページからダウンロードできるようにして、多くの構造設計者に活用して頂いております。 
 その後の関連法令や諸規準の改定に伴い、出版本の内容を改定し、名称も「JSCA版木造建築構造の設計」として平成23年4月に発行しました。同時に、標準仕様書に関連する部分も改定し、「JSCA版木質工事標準仕様書」を平成23年7月に発行しました。 
 本資料は、DXFファイルおよびPDFファイルで作成しており、従来どおりJSCAのホームページからダウンロードできるようにしております。 
 なお、標準仕様書の内容に関しては出版本の第8章および付録1に解説されておりますので、熟読し理解した上で使用して下さい。さらに、本仕様書は全て使用者の責任において使用して下さい。JSCAは如何なる責任も負いません。 



JSCA木質系部会品質管理WG委員 
幹事: 水津 牧子 
委員: 朝川 剛   池間 典一   大賀 成典   金井 建二   木村 誠 
   楠 寿博   鈴木 貴博   望月 英二   古川 洋 

初版時品質管理WG委員 
   金箱 温春  稲山 正弘   岡本 憲尚   森田 仁彦   山崎 亨 
   山田 利行  山辺 豊彦 


※以下の添付ファイルが開けない場合は、右クリックからダウンロードするなど
 ファイルを保存したうえで、ご利用ください。


杭基礎工法のデータ集(2011年改定版)
JSCA事務局
2011/07/13
木造混構造の構造設計事例
JSCA事務局
2011/05/19

             木造混構造の構造設計事例

                                 2011年5月19日
                           JSCA技術委員会 木質系部会
はじめに

 平成23年5月1日付けで、構造基準の合理化に伴う木造混構造に関する改正告示が施行
されて、平成19年国土交通省告示第593号(以下「告示」という)第四号に規定する建
築物として「1,2階RC造−3階木造の混構造建築物」および「大規模平面を有する延べ面
積3000m2以下の2階建て混構造(1階RC造−2階木造)の建築物」が追加された。
 後者の「大規模平面を有する延べ面積3000m2以下の2階建て混構造(1階RC造−2階木
造)の建築物」に関しては、大規模平面特有の技術的課題に対する計算方法が新たに規定
されることとなった。
 このため、JSCA木質系部会では大規模平面に関する新たな構造規定の具体的な運用方法
に関する構造設計事例を作成するため、「大規模平面を有する木造混構造建築物の設計事例
作成WG」を組織し、事例を作成することとした。
 以下には、新たな構造計算法に対応した3件の設計事例について構造計算書の概要を示
すとともに、計算方法の技術的背景に関しても概要を示す。
 なお、これらの設計事例は、財団法人建築行政情報センターのホームページに掲載され
ている建築確認手続き等の運用改善第二弾等のQ&Aにおいて、改正告示第四号ロ(4)
に規定する特別な調査・研究の参考となる設計事例として紹介されている。


ホーム
PAGETOP