JSCA構造デザイン発表会2013

会員が日常の設計業務の中で行なっている様々な創意工夫を凝らした作品を発表し合うことにより、会員相互で切磋琢磨し構造設計技術の研鑽を図ることを目的とした発表会です。
JSCA構造デザイン発表会2013
JSCA事務局
2013/09/03

JSCAでは、「構造デザイン発表会」を年次企画として開催し今年で4回目を迎えました。
発表会は以下を主目的として開催いたします。
 1)構造設計者が日常の設計業務の中で行なっている様々な創意工夫を凝らした作品を
  発表し合うことにより、会員相互において切磋琢磨し構造設計技術の研鑽を図ること。
 2)構造設計事例の発表と意見交換によって、構造設計者の職能向上を図るとともに、
  若い設計者や学生に構造設計の役割や楽しさを伝えること。
昨年開催の「構造デザイン発表会2012」では、新たな試みとして京都を会場として開催した事も
あって、全国各地から46作品の発表があり、約218名の方にご参加頂きました。本年は会場を
東京としましたが、全国より予定募集数を超える43作品の応募を頂いております。
発表会当日は、構造設計者のプレゼンテーションに続き、コメンテータを交えての質疑討論、
会場からの質疑応答も活発に行われます。ぜひ会場にてその盛り上がりを共有していただければ幸いです。
発表会後には意見交換会を開催いたします。多くの皆様のご参加をお待ちしております。


日時: 平成25年10月18日(金) 10:00〜18:00  
会場: 日本大学理工学部駿河台校舎1号館(6階CSTホール、2階大会議室)
内容: 構造デザイン発表会2013応募作品の発表 
   意見交換会

 その他詳細は添付ファイルをご参照の上、お申込みください。


※ 9/20プログラム掲載



ホーム
PAGETOP