パンフレット解説編(目次)

JSCAの委員会・部会からの技術情報を掲載しています。本会会員限定の技術情報・活動報告については、会員ページに掲載しています。会員ページにログインしてご利用ください。
パンフレット解説編(目次)
JSCA事務局
2014/05/12

公開ホームページでは目次のみを掲載しております。詳細は会員ページ(会員限定)に掲載(*1)しています。

JSCA 構造パンフレット「安心できる建物をつくるために」は「構造設計者とクライアントの対話」のためのツールとして作成されたもので、JSCA 内外で好評を博しておりますが、さらなる活用促進のため解説版を作成することとなりました。パンフレットと合わせてクライアントとの対話に活用いただき、構造設計者の認知度を高めていただきますよう、お願いいたします。

======================
   (*1) 資料は会員ページ/技術情報/報告書・成果物 の中に掲載されています。)
解説編 目次

1.耐震設計の考え方
  1-1 地震動
  1-2 マグニチュードと震度
  1-3 気象庁の震度(計測震度)とは
  1-4 設計用地震力と震度
  1-5 地震動と建物被害
  1-6 建物の応答(増幅特性)
  1-7 安全・安心のための指標
  1-8 耐津波設計
  1-9 耐震設計に係わる基準の変遷

2.構造設計者の役割
  2-1 意匠・構造・設備設計者の設計における役割
  2-2 構造設計者の免許・資格
  2-3 構造計算プログラムについて
  2-4 工事管理での構造設計者の役割
  2-5 構造設計一級建築士とJSCA建築構造士の違い
  2-6 構造設計はだれがやっても同じ結果になるのか

3.建物の構造とは 
  3-1 構造種別
  3-2 免震構造の特徴
  3-3 制振構造の特徴
  3-4 地盤調査とその費用
  3-5 地盤の液状化現象と対策
  3-6 非構造部材
  3-7 天井落下防止
  3-8 家具什器の転倒

4.耐震性能グレード
  4-1 大地震後の建物の状態
  4-2 耐震性能グレードの判定値
  4-3 第三者による性能評価
  4-4 地震時の被害損失額からの評価 PML
  4-5 性能グレードとコスト
  4-6 その他の構造性能


ホーム
PAGETOP