structure No.96 2005年10月号
既存木造建物の耐震改修を如何に促進させるか -JSCAの役割-

 

10月号の執筆内容要旨

主集に当たって

阪神・淡路大震災以降、木造建物、特に軸組構法による木造住宅の耐震性向上が急務とされてきたが、既存不適格住宅の耐震改修は遅々として進んでいないのが実態である。経済的な要因を始めとして理由はいろいろ考えられるが、木造住宅に関して信頼できる耐震診断・補強設計を行える人・組織が少ないことも理由の一つであろう。東海・東南海・南海地震の近い将来での発生が予測され、活断層による直下型地震はいつどこで起きても不思議ではないとされる今、地震による人的・経済的被害の軽減という目的の達成のために我々構造技術者には重要な役割が期待されている。そこで、木造住宅をはじめとする木造建物の耐震性向上のために構造技術者として、JSCA会員として何ができるか、考えていただくきっかけになればという思いで今回の主集に取り組んでみた。
森高英夫(主集担当主査)
  • 第1章 戸建て木造住宅の現状と課題
    1-1 戸建て木造住宅の耐震診断・改修の意義-次のビッグ・ワンに備えて-
    1-2 木造住宅の耐震設計と改修技術の現状
    1-3 住宅・建築物の地震防災対策について
  • 第2章 耐震改修への取組みについて私はこう思う
    2-1 簡便な耐震改修の仕組みを
    2-2 伝統構法住宅の改修と新築事例
    2-3 構造設計者の立場から
  • 第3章 各地での取組み
    3-1 宮城県北部連続地震(2003年)の復興と来るべき地震にそなえて
    3-2 伝統構法の木造建築を如何に守るか
    3-3 東海地震に備えて
    3-4 京町屋の保全・再生の促進-京町屋を地震から守るために-
    3-5 関西の民家を改修して-木造住宅の耐震改修の難しさはどこにあるのか-
    3-6 南海地震に備えて改修を進める四国の木造建築
    3-7 町並み保存地区の木造構法について保存修理現場からの考察
  • 第4章 構造設計者の役割と今後の展開
    4-1 関西支部・木造分科会の取組み
    4-2 構造設計者が果たすべき役割と社会的認知

※掲載された記事は執筆当時の法令・技術情報に準拠して執筆されています。ご留意ください。

ホーム
PAGETOP